2014年12月31日

椎名へきる LIVE 2014 〜20th Anniversary〜 | 東京国際フォーラム ホールC (2014.12.30)

椎名へきるさんの20周年記念LIVE、最終日・東京公演@東京国際フォーラムへ参加してきました。

うわ!今日、人おおすぎ!
なんて思ったら、ホールAが乃木坂46でした。

平均年齢除いてファンの雰囲気がそんなに違わない謎。


ちなみに、セトリはこちらのエントリを参照

本日は1F中程の犬様側。
昨日の大阪は角度的にJAKEサイドが見づらかったので、今日はステージ全体が見渡せていい感じです。
そしてやっぱりホールは前後に余裕があるのでいいですね。

曲目は昨日から変更無しの様子。
後半〜アンコールを考えて少し抑えめにしようかな(筋肉痛だし)とか思いながらもセーブできないのがへきるLIVE!
なんかもうガシガシ行かないともったいない気がしてガシガシw
その結果、MCで筋肉痛がミシミシと押し寄せてはMC明けの曲でへろへろしながら跳んだりするわけです。最後の方はほとんど気力だけで跳んでいましたね。

内容もさることながら、それよりも今日はMCに尽きますね。
やはり20周年という節目を、自分でなく、それを支えてきたスタッフさんやこれまでLIVEに参加してきたファンに対するお祝いなんだという想いが随所に現れていたり、何度となく繰り返された「ありがとう」という言葉で、当初から参加している人・途中まで参加した人・途中から参加した人も含めてこれはみんなの20周年なんだな、なんて思わされました。

昨日の大阪公演のレポで「結婚なんかより20周年なんだなー」なんてことを書きましたが、本当にあの人はそういう人なんですよ!
きっとこれまで関わってきた人みんなに感謝を伝えたかったんじゃないですかね。

「お互いにいい歳の取り方したね!」とはへきるさんの言葉だけど、確かにそう思いますね。
自分にとっても既に人生の半分以上はへきるLIVEと共にあったわけで、これに関わっていなかったら自分の人生どういう方向に行っていたんだろうとか、考えてもちょっと想像が及ばないぐらい、僕という人間に与えた影響は少なくないです。
バンドメンバーが口々に言う「音楽的にも好きなようにやらせてもらえる唯一の現場」というのも、頷けるというか、メンバーがそんなだからこそ一体感も生まれるし、あの場所にいて楽しいし、大好きなんだなと思います。


そして、今日は途中で3階席まで座席が埋まっていることに気が付いて、それが個人的にはとても嬉しいことでしたね。
記憶違いでなければ、前のカウントダウン公演(2011〜12年?)は2階席までしか埋まっていなかったので、「ああ、もうホールクラスは無理なのかな」なんて思っていましたが、随所に空席はあれど3階席まで埋まってへきるさんのコール&レスポンスにも十分に対応してくれたのを見たのが、今日イチの印象ポイントでした。

終わってみれば、ダブアンがあったとは言え、へきるLIVEでは久し振りの3時間コース!
(マジメな)MCが長かったので、ちょっと普段よりは長いかなという気はしていたけどここまでとは……。でも、充実した3時間でした。

見事に全身筋肉痛ですよ。


以下、その他の所感

--
改めてセットリスト見返すと、Lantis時代の曲が干されていますねw
いや、Sunday Punchとか、Truth, My Melodyとかまたやってくれますよね?ね?

--
入場するとき、カメラチェックの人がテンパってて、入場列がだぶついていたのが残念。
カメラやプレゼントなどを預かる係などが1人くらいいればスムーズにいくはずで、だんだんこのあたりにコストが掛けられなくなってきているのかもしれないのだけど、これで入場押すとか本末転倒な気がしますね。
そもそも電子チケット推奨っぽいのに、電子チケット組がやたら入場に時間がかかる仕組みも納得行っていないので、この部分はなんとかして欲しいな、というのが率直な気持ち。

--
MCにて、以前大阪から帰るときにAKBと間違われて子供にサインねだられたことをカミングアウトする40歳。
そして、今回はハロプロメンバーと間違われて子供にサインねだられたことをカミングアウトする40歳。
今日はたぶん乃木坂メンバーと間違われそうだとおっしゃる40歳。

まあ、小さいですからね……。

いやいや。19歳ですよね。そうですよね。

--
でも、19歳で20周年とか、時空間歪んでね?
posted by tsasaki at 03:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎名へきる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/109225973

この記事へのトラックバック