2009年09月05日

コトの顛末

もうかれこれ5年とか6年とか関わっているシステムなんだけど、今回、ハード側の開発者が代わって、けっこう作り直ししているみたい+追加機能もあって先月、うちのソフトと組み合わせ試験をしたんですわ。

これまで、とある仕組みでやっていたハード側→ソフト側へのファイル収集も、今回FTPに変更して割とすんなり実装できたし、テストもさくさくパスしたので、「数日でFTP+その他諸々の通信が実装できるなんて.NETすげー!」とか思いながら順調にテストは進んでいたんですよね。(もちろん、アレが無いとかコレが違うとかありましたが。)

「計測データはだいたいOKっぽいんで、設定データやりましょうか」と言って送ったら、「なんかこの辺のビット順、逆じゃないですかね?」ということに…。

バカな。
今回、うちのソフト、その辺ノー改造なんだけどっ!

で、インタフェース仕様を確認。

確かに、逆になってる………。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工

これ、だって6年とか動いてるし、ここまるっきり逆だったらクレームの嵐なんじゃないの?とか思ったけど、仕様書は確かにそうなっていたのでこちら側の宿題となったわけです。


翌日、自社に戻って、借用している過去バージョンのハードで試験。ところが、こっちは合っている。ハードもうちも、仕様書とは逆の実装しているのですよ。

ということでよくよく仕様書を見たら、似たようなビットの並びが3箇所くらいあって、これを仮にA,B,Cとすると、Aの仕様は明記されていたけど、Bの仕様はCと同じとか書いてあって、Cの仕様自体はアンドキュメントw

つまり、同じような意味のビット列であるAの仕様だけ見て「実装逆じゃねー?」とか勘違いしちゃったわけです。焦ったわw


まあ、仕様がアンドキュメントなのはこの世界ではよくあること。


しかし、既設品もあるし、「今までの実装が間違いでした」なんてされた日にはかなわないので、実装を正としてもらうようお願いして、あと調査よろしく!とハード側に返しました。

まだ結論(決定)までには至っていませんが、ハード側の開発者が引き継ぎの時に間違った仕様を起こした、ということで落ち着きそうです。

似たような意味合いのデータは、同じビット順にして欲しいよなーとか思いつつもw



そんなこんなで、今は(上の案件も進行中ですが、)別件の不具合対応を無茶振りされて、CTI絡みの調査とかやってます。
昔1ヶ月くらい入っただけのプロジェクトなのに、開発環境構築から始まって、カオスなソースコード解析して不具合を修正ってのを1日でやれってのは無茶振りすぐる。

とりあえず年俸アップしたっぽいけど、役職は未定らしい。別に変わらんでもいいけどね。権限変わらないだろうし。

そんなところです。
posted by tsasaki at 20:53| Comment(1) | TrackBack(0) | SEライフ
この記事へのコメント
まぁ、インテルはリトルエンディアン、他はビックエンディアンで困る事も多々ある罠。
Posted by KIKIJIJI at 2009年09月21日 02:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31889871

この記事へのトラックバック