2011年04月04日

いまさらだけど東日本大震災のこと(2)

前回のエントリ:いまさらだけど東日本大震災のこと(1)
震災の正式名称が決定したことを受けて、ちょいとタイトル修正しました。

今回こそは、地震発生翌日以降のことをダイジェストで。

しかし、本当にダイジェストなのかどうかは今のところ未定!(何

結局、3/11はJRは動かなかったようで、それを考えると我らが西武線を含め、各私鉄は鉄道インフラとしての使命を最大限果たそうとして頑張ってくれたんだな、と思った。
JRはカバリングする範囲が多いので、安全面を考えるとなかなかすぐには復旧できなかったんだろうけどね。

翌、3/12。
へきるさん、誕生日おめでとー。

とか、そんなこともおいそれと言っていられない。
その日、目にしたニュースの見出しがとんでもない。
「陸前高田がほぼ壊滅状態」とか。

え? 壊滅って何? どういう状態になったら壊滅になるの?

陸前高田にとどまらず、その後も「壊滅」と表現された被災地が報道される。
「壊滅的な被害」なんて表現じゃない。「壊滅」とはっきり表現されているのが今回の震災の違うところ。
それだけ、津波が何もかものみ込んでしまったのだと思う。

Webを見ているとなかなか動けそうになかったんだけど、ひとまず午後から出社。
電車はまあなんとか動いている程度。

停電になるかもよ、ってな情報もあったので適度に仕事をして帰る。
池袋は、ぐっと人が少なめだった。休業しているお店もちらほら。

夜にようやく実家に電話が繋がる。
まあ、内陸部なのでそんなに心配はしていなかったのですけどね。


3/13はお休み。
テレビやネットから離れられないw

海外からもPray For Japanなメッセージが届けられていると知って胸熱。

原発がやばいとにわかに盛り上がってきていたけど、個人的にはいくら想定外の事象が発生したとしてもそうそうまずいことにはならないのではないかと思っていた。(原発近辺はともかく、首都圏は)
まあ、とにかくみんな落ち着け、的な。

でも、原発(原子力)に関して記者会見やらTVでの解説やら報道やら、なんだかこいつら本当に大丈夫か?とか思っていた。
自分の場合、たまたま仕事で、原子炉の制御シミュレータソフトみたいなのを作ったことがあって、原子力工学とかそのあたりの知識もちょろっと勉強したことがあった。(それでも、原子力工学を専攻された方々ほどじゃ到底ありません。)

フェイルセーフだとか、そういう設計も当然の話なので、この時点では人為的に下手なことをしなけりゃなんとか抑え込めると思っていたんだよね。
その後の展開は皆さん知っての通りですけど。

現場の人たちはきっと頑張っている。でも、管理側とかブレーン側はぐだぐだだったな(現在進行形でぐだぐだだなー)という印象。
それでも、やってもらうしかないんですけど。


3/14からは、平日ということもあり、普通なら出勤しなきゃならないのだけど…。

この日から東電が計画停電を始めるとのことで、電車の運行にもモロに影響している様子。
なぜか、自宅周辺は、その日の停電が始まらなかったのだけど、西武線は一部区間のみの運行で会社行けない。

JR含めてけっこう鉄道はぼろぼろなので、自宅待機な人も多い様子。

昼前に、西武線の運転区間が延長されてのこのこと会社に向かいました。


でも、その西武線も「今日は最大限運転するよう努めたけど、電力供給の問題、安全の確保、また、運行しても帰宅時まで運行できる保証ができないため、3/15は基本的に決まった区間しか運転しない」と発表していた。

なんかそういうところに、この有事での鉄道会社のあり方に対して葛藤しているような印象を受けた。
誰もが、どの企業もが、一生懸命にいろんな事を考えているんだと思った。


そして、その3/15は、鉄道インフラのそういう決断に対して、今度は東電側が最大限電力を供給するとしたようで、西武線も昼過ぎから区間を延ばしての運転に。
そうだよね。
鉄道が頑張っているんだから、東電も最大限がんばらなきゃ。


日が経つにつれて徐々に、自宅待機ムードも解除されてきたり、それこそ経済を止めないよう、いろんな企業が動き出していった。
人が動くにつれ、やっぱり今の電車の輸送力じゃ耐えきれなくなってなってくるわけで、とにかく朝は大混雑。

自分の最寄り駅は、まだ乗れる方だったけど、数駅先からはもう乗れない。積み残しが発生するという状態。車内もパンパン。
その状態になっている駅では、改札止めを行っているようで、入場まで2時間待ちとかそんな状況だったらしい。

そこまでして、なんとか経済やら生活やらを動かしていかないといけない状態だったわけです。
異常な状態ではあったけど、被災地に比べたらきっとたいしたことない。
電車の中でどんなに圧迫されようとも、ジョジョ立ち強制されようとも、誰も怒鳴ったりすることは無かった。(それも日が経つにつれて、そういう人が増えてきてしまったようだけれど)


悲観的になるよりも、どちらかと言うと前向きな気持ちの方が強くて、日本も、そして東京も、まだまだ捨てたもんじゃないなと思った。沈滞ムードと言えば、そうなんだけどね。


とは言え、僕は、年度末で期限切れになる有給休暇がたんまり余っていたので、ほとんどの日を午前休扱いにしてゆっくり出社しました。(ぇ
いや、どうしても時間通りに職場なり、目的に着かないといけない人たちがいるのなら、少しでも混雑の緩和に協力出来たらな、と都合のいいことを書いてみる。

いや、あの混雑っぷりは、「その時間に必ず居なきゃいけない」って人じゃないと耐えられませんよw 実際。

有給休暇扱いにしたと言っても、仕事が噴火していることもあって、実際はフレックス使うのと変わらないぐらいだったり、全休の日を会社で過ごしたりしました。だからどうしたってことはないんですが。自分がそうしたいからしているだけ。


ようやく、鉄道関係も通勤、帰宅ラッシュ時間帯を中心に元通りになってきていますし、少しずつ、元の日常に戻っていかないといけないですよね。少しでも被害の少なかった地域から。


自粛ムード漂う今日この頃ですが、少しずつ、少しずつ、前に進んでいかんといかんのですよ。きっと。


そんなわけで、とりあえずだだだーっとその後を書いてみましたが、もうちょっとだけ感じたことを、また別の日に書きたいと思います。
posted by tsasaki at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44127819

この記事へのトラックバック