2011年12月05日

水樹奈々さんのライブに初参戦してきた件

12/3(土) 水樹奈々さんの東京ドーム公演「LIVE CASTLE 2011 -QUEEN'S NIGHT-」に行ってきました。

東京ドームは2Daysだったのですが、初心者(何)ということもあり初日だけの参加です。

自分にとっては、水樹さんは気が付いたらなんかすごい売れてた!というぐらいで、アニメもそれほど見ていないし、CDも持っていないしで、そんなに強い興味はなかったんですよね。
でも、割と近所の西武ドームでLIVEをやったりしていて、楽しいLIVEがあるなら一度行ってみたいなー、程度の気持ちはあったので、今回いろいろな思惑が重なった結果、思い切って参戦となりました。

声優が東京ドームでLIVEだなんてすごいことですよ。
97年にへきるさんが日本武道館公演をやったことで、その道が出来たとも言えるのだけど、そこから先の道をさらに切り拓いていったのは間違いなく水樹さんの力なんですよね。
へきるさんの日本武道館については、「本職声優が、アーティストの聖地である日本武道館に軽々しく立つとか何事か」みたいな論調(ニュアンスはちょっと違うかもしれないけど)もあったなー、なんて思うと少し感慨深いものがあったりはするわけです。

そういう気持ちが参加に至った思惑のひとつ。いっちょ見届けてみようか、その新しい道とやらを!的な。
いや、ほんとにえらいこっちゃと。

水樹さんに限って言えば、紅白出るわ、西武ドーム公演やるわあたりでもうとっくに別格にはなっていた気がしますけどねw (ただ、「別格」という言葉では片付けたくはないですし、片付けていい話ではないと思います。)


あとは単純に、なんやかんや楽しめそうなLIVEへの参加機会が増えたりしないかなー、とか。
こっちの方は今回参加してみて、タイミングさえ合えば今後も参加できそうだなと思いました。まだ慣れてないので、近場で大きい箱の方が参加しやすいかな。

近年(へきるさん目的ではあったけど)タイバン形式(コンピレーション形式?)のLIVEに何回か足を運んだことで、へきるさん以外のステージにも耐性ができつつあったことも1つの理由。
おかげで、知らない曲でも適当にノってみる、ことができるようになりました(ぇ


そんな感じだったので、事前に聞いていたのがベストアルバム2枚だけだったにも関わらず、充分に楽しむことができましたよ。
ただ、これまで、リウムを振る文化がないところで育ってきたので(何)、今回も素手で臨んだのですが、2階席からドーム全体を埋め尽くす青いサイリウムの光の海を見たときに、これは絶対に持って(買って)くるべきだった!と後悔したのでした。

あれは本当に圧巻、壮観でした。


気球に乗るわ、ライオンに乗るわ、とにかくスケールもでかい。
4時間近くの公演だったのですが、そこまでの時間を感じさせない演出で、遠くで見ていてもだいぶ満足しました。(これだけ規模の大きい公演に参加したことが無いってのもありますけどね。)


ちなみに、ベストアルバムに入っていた曲の中では「POWER GATE」と「SUPER GENERATION」がお気に入りだったのですが、「SUPER GENERATION」の方は聴くことができませんでした。こちらは2日目のダブアンの曲だったとのこと。うーん、ちょっと残念w
でも、パワゲはやっぱり神曲だった。

あとは、「POP MASTER」がライブで化ける曲だという収穫もありました。これはいいですね。気持ちよく跳べそうです(何


よくよく考えたら、ポップでちょっとロックで、それほどアイドルアイドルしてなくて、アツイ曲も多い。個人的にはけっこうストライクなんですよね。楽曲群は。
いや、Elements Garden要素が多いので嫌いなわけはないのですけど。



ひとつ残念だったこととしては、後方列の座席の方が水か何か謎の液体をこぼされたようで、気が付いたら自分の足元だけ水浸しになっておりました。これ、知らずに跳んでいたら滑っていたぞこのやろうw
しかし、そんなことよりも、足元に置いていた僕のかばんと上着がですね……orz

臭かったりべとべとしたりはしなかったのでたぶん水だと思うのですが、アクシデンツとは言えこれはちょっといただけなかったですね。


そんなこともありましたが、総じて楽しい4時間でしたよ。

rhetoricは、水樹奈々さんを応援しています。

へきるたんのカウントダウンも楽しみです。
posted by tsasaki at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51430349

この記事へのトラックバック