2012年01月22日

HEKIRU SHIINA BEST LIVE from 1994 to 2000@Zepp Tokyo (2012.01.22)

椎名へきるさんのBEST LIVE、Zepp Tokyo公演に行ってきました。

そんなわけで、ここから先はネタバレ注意です。念のため。

今日は、カウントダウンの時に購入したグレーTシャツで参戦。
本当は黒が良かったのだけど、金箔がはげるよ、みたいなことが書かれた紙が入っていたのでグレーに。

いやでも実際、過去のTシャツもプリントが劣化していたりするので、その辺あんまりこだわっていないんですけどね。

グッズも残りを買おうかなー、と思いつつ、名阪に参加することもあって今回は見送り。寒いしw

会場には入場列がだいたいはけたあたりに到着。
さくっとQRコードで入場…あれ?

フォーラムではすんなりだったのに、反応しないし…。
どうやら、光の加減で認識しづらいこともあるみたい。係の人がリーダーの向きを変えてくれてようやく通りました。やっぱり、プライバシーフィルタはだめかー。
こりゃ、次からも列がおおよそはけてから入場しようw


今日は、前後にも左右にもだいたい真ん中ぐらいなポジション。どちらかというとケダモノ寄り、みたいな。
セットリストはカウントダウンとほぼ一緒なので、曲の流れに沿った感想は割愛。

メトロ→Get Backまでの4曲微妙メドレーのところこそ見直して欲しかったなぁ。
前も書いたけど、ここは1曲ずつやりきるか、1コーラスで繋げてもっと曲数増やすかどっちかだと思うんだよなぁ。

セットリストが分かっているぶん、「次は何が来るかな?」的なワクワク感というか、エンカウント感は無くなりましたね。


そして、やっぱり今回のツアーは「この世で〜」「せつない笑顔」「MOON LIGHT」のところがいい味出していますね。きゅんきゅんきちゃうよー。


MCでは「(へきる星がうんたらかんたのくだりから)ここではいつでも19歳!」とか。はい、永遠の19歳いただきましたー!

でも、1994年のアルバム出したあたりってもうあなた20歳ですよね?w


いいね。19歳、これでいきましょう(何


また、個人的にはテンポの速い楽曲が多くなってきたことについて「でも、反省しません」と言っていたのが印象的でした。制作サイドの思惑がどうあれ、本人としてはこれからもハイテンポな曲をやっていく意志があるというのは、もうそっちの方に身体が慣れてしまった身としてはありがたいですね。

やっぱり自分としては「昔の曲もいいけど、今のもね」という気分なのです。


そんなこんなで、だんだんとテンポも盛り上がりも加速しつつ本編を終えてアンコールへ。

アンコールは曲順がカウントダウンから変更され、「wonderful days」「Sunday Punch」「Truth, My Melody」の順となっていました。

そして、サンパンでのケン坊の煽りがAメロでPPPH!!w
うはw なにこの高速PPPHw

いいよいいよー。

へきるLIVEにまた新たな可能性が…(ぇ


次は2月の名古屋、大阪です。
楽しみです。
posted by tsasaki at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎名へきる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/53250325

この記事へのトラックバック