2012年08月19日

HEKIRU SHIINA BEST LIVE from 1994 to 2000 "SUMMER EDITION" | 高松MONSTER (2012.08.19)

うどーん!

そんなわけで、椎名へきるさんの2012年夏ツアー3公演目。高松MONSTERにやってきました!

高松公演は2004年のツアー以来と言うことで、8年ぶりとのこと。
ちなみに、僕自身は香川初上陸です。(四国自体は二度目まして。)

そして、今日は、通算350回記念公演!
これはいろいろ高まってきますね。

そんなわけで、ここから先はネタバレ注意でお願いします。

昨日は大阪に泊まりまして、高速バスにて高松に移動。
新幹線にしようかどうしようか迷っていたところで、先週の名古屋で、グリーン車昇格したりしたので、その分をここで経費を抑えることにしました。

明石海峡大橋から淡路島を経由して四国上陸!
あまりにも景色が良かったので、寝るのも忘れてしまいました。

メシを食ったり、ホテルにチェックインしたりしていたらあっという間に開場時間。
やっぱり、15:30開場は早いなーw
実際は、ちょっと遅れたけど。


いやー、箱が小さいよ!狭いよ!でも、ステージ近いよ!
最前列じゃないけど、Zeppの最前列ぐらいの近さ。
はっきり言って、このぐらいの箱でこの人数だったら椅子いらないなー、とか思った。
逆に、椅子に気を遣うあまり、思うように動けなかったり。

前列の椅子がずりずりと後ろに下がってきたり、後列からは椅子がずりずりと前に押しやられてきたりで、足場を確保する作業が忙しいw
そして、脚をかばうあまり変なところに力が入って余計な体力を奪われるとか。
ということもあって、本日はやや抑え気味に稼働。


しかし、周囲が明らかに遠征組でテンションおかしいw
これ、純粋にこの会場だけ参加している人ってどのぐらいいるんだろうかとちょっと気になった。

近くにアクションが大きい人がいたけど、一度ぶつかるとその後はぶつからないように動きを修正してくれた。お互い様だけど、割り当てられた座席や周りの人を含めて、最大限楽しむのがライブの醍醐味。
隣なんかお構いなしにがんがんぶつかってくるような人が最近はほとんどいなくなったので、そういう意味でも成熟してきた感はあるかなー。

ただ、あれだね。あれだけ狭い会場でアンコールが割れるとかなんなの?とは思った。すでにできているアンコールのリズムをわざわざ大声で崩すような一角があったりして、どんな意図があったか知らないけど、何も自分のリズム感のなさをこんなところでアピールしなくてもいいのになー、と思ったりした。

ほかにも思うところはあるけれど、あんまりきれいじゃない話はこの辺で。


内容が良かっただけにね、そうじゃないところが目立ったりするよね。

本日のまとめ
・うどん
・うどん
・強面のお兄さんたちとラーメン
・うどん
・高松にあまり思い出がねぇな→今日のライブを思い出にすればいいじゃん
・バラードは着席。衣装替え無し。

と、いったところで、350回だし、もう1回のおねだりしても良かったんじゃないかな、と今になって思った。


アンコール後の一幕。

ケン坊「いやー、1週間くらいここでライブやってもいいね。」

みんな「おー!」

へき「代休いっぱいつかってね」

いや、有給有給。

ケン坊「無給でも来いよー!」

みんな「おー!」

おまえら…www
posted by tsasaki at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 椎名へきる
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57676402

この記事へのトラックバック