2008年10月19日

ネットワーク試験

今日は情報処理技術者試験(ネットワーク)で五反田まで行ってきました。





なにげに、最近受けているセミナーの会場に近いよ。








やっぱり、勉強不足がたたっていまいちな出来です。





午前さえ突破すれば、午後Tまで合格する自信あるんだけどなー。


午後Uは、ちょっと勉強していない方の分野が出てしまったのであうあうあーですが。








来年あたり、プロマネを受けたいと思っていたので、ネットワークは今年で卒業!と行きたかったところだけど、ちょっと難しいかも。





試験のあたりは毎回忙しくなるからなぁ…。


そこがまた難しいところです。
posted by tsasaki at 21:52| SEライフ

2008年10月15日

短距離出張

今日は茨城へ出張してソフトのデモです。





はじめての特急フレッシュひたちです。





北のほうへの出張は滅多にないので新鮮かも。





因みに、行き先は水戸なんだけど、これってアレだね。

















水戸訪問

posted by tsasaki at 11:40| SEライフ

2008年09月01日

プロジェクトかけもち

最近、自分のタスクは持たずにメンバの面倒だけを見るような形式で複数のプロジェクトを進めていたりするんだけど、試験に突入したプロジェクトを見ながら、設計フェーズのプロジェクトを見るのはかなりしんどい、ということに気が付いた。








特に、試験に入ったばかりってバグや問題点が上がってきやすいし内容によっては解決しないと先に進まなかったりするし、設計は設計で「ここどうしよう」とかいう問い合わせや、レビューをしなきゃいけなかったりでなかなかイベントが重なるなー、と。








そんなところに全く別のプロジェクトで不具合報告が上がってきたりして…。





「追加してもらった機能を試しましたが、正常に動作しませんでした」とか。





コードを数行追加すれば実現するような機能なのにっ!?





担当者に確認したら「動作までは検証してませんでした」とか言ってるしっ!!!





テストだってちょっと動かせば確認出来る機能なのにっ!?





机上デバッグのみでリリースキタコレ。








どんな簡単な機能の追加だって試験せずに出すとか何考えてんの?


(昔の自分もそれをやって失敗していますが。)








どうにも気がゆるみすぎているようなので気合いを入れ直さなければいかんね。


粛清ぃぃぃぃぃぃぃ!!!!(何
posted by tsasaki at 23:38| SEライフ

2008年08月30日

どうやら年俸制

うちの会社、昇級時期が8月なんだけど、いつまで経っても査定結果が通知されないんでいつも通り部長が仕事をしてないのかなと思っていたんだけど、今年から一部社員で年俸制が導入されるらしくてその対象に入っていて査定がまだ済んでいないらしいです。








そういうことは早く教えてくれOTZ





そして、そういうことがなんで飲みの席で部長以外から伝わるのかw


「え? 伝わってないの?」みたいな。





年俸制ということは、超過勤務とかそういう話とはさよならということになるので残業すればするほど損するのよね、きっと。





それなのに、この土日は出社しないと仕事が終わらない雰囲気ですよ!








ととととにかく、これからは残業を減らさねばっ!!





でもようやっと月の残業時間が50時間くらいになってきたので、平均150時間の残業だった時期に比べたら劇的に楽になったよね。仕事の内容は重たくなってるけど。








とりあえずちょこっと出社してきます。
posted by tsasaki at 11:18| SEライフ

2008年07月08日

今週も出張です

今週も出張が決まりました。


なんか毎週のように新幹線に乗っている気がするZE








楽天トラベルでホテルの予約をしたら、なにやらこんなバナーが…





なんか当たったらしい





当選おめでとうございますとか、なんというベネフィットジャパン商法!!





楽天も困ったものです。
posted by tsasaki at 13:00| SEライフ

2008年05月02日

3の倍数と3のつく数字の行数にバグがある件について

連休前にとんでもない不具合が発覚したtsasakiです。


みなさんいかがお過ごしでしょうか。





実際、タイトルのようなペースでバグが埋め込まれていたらたまったものじゃありませんが。








前に「なーんか、収集データ数が合わないんだよね」というクレームをもらっていたのだけど、ログ上ではちゃんと収集している風に見えていたので「それうちのバグじゃないですよ」なんてかわしていたんだけど、別の不具合を調べているときに「収集データ数が合わない」現象に遭遇。





よくよく調べてみたら、はい、コーディングミスですー。








データはちゃんと収集してきていたんですが、それをファイルに落とし込む段階で一定のファイル数までしか保存していないことが発覚。(なので、一度に大量にデータが上がってくると残念な結果になるのです)





しかも、配列の行と列の数を取り違えるという単純ミス。








\(^o^)/








データ収集アプリなのに、データ欠落するってとんでもないことですよっ。





なんて説明しようorz
posted by tsasaki at 12:53| SEライフ

2008年04月29日

「休みたいなら辞めろ」は悪か

□ 「休みたいなら辞めろ」発言は暴論?正論? ネットで波紋広がる(Yahoo! JAPAN)





個人的には「気持ちとしては理解できるけど、それを一般論として押しつけちゃいかんよ」と思うわけです。





僕もこうしてしょっちゅう休日出勤していたりするわけだけど、それはそこに仕事や責任があるからであって、決して誰かに命令されているからとか社風がそんなだからというわけではないのです。





僕はあくまでやりたいからやっているし、やりたくなかったらとうの昔に辞めるか転職するかニートになっていると思う。





それこそ、自分が休みたいと思った時は、よほどの状況でない限りは休めている現状もあるし。








ワークライフバランス(笑)が取りざたされている昨今、労働者一人一人の労働に対するスタンスを尊重して、様々なワークスタイルを持った労働者を束ねて会社の社会的意義を成り立たせるのが、いま経営者に求められていることではないのかな、と思うわけです。








でも、中にはやっぱり「人海戦術が重要」な会社もあることは事実だし、そういう会社には逆にワークライフバランス(笑)を求めるような労働者は似合わないのかもしれない。





それこそ、「働き続けることこそ生き甲斐」と思っている労働者がそこに行くべきで、そういうスタンスの違いをお互いに“暴論"として片付けるのもどうかなと思う。








終身雇用制度なんてとうの昔に崩壊しているわけだし、会社の方針と自分のワークスタイルが合わなければ自由に転職していい世の中になっているし、就職活動や求人活動だって「いかに相思相愛になれるか」ということで企業も学生も活動しているのではないかなと僕は勝手に思っています。








なので、その会社にとっては「休みたいなら辞めろ」の精神で成り立っているのだろうし、社員もそれを分かっていてやっているのだから、それはそこの閉じた空間の中では一種の正義なのだと思う。


でもそれは一般論として他の会社や他の労働者に求めるべきものではないし求めているのでもない、と僕は信じたい。








だから僕は「オレが休日出勤しているんだからお前も出ろよ」とか「オレが1人で2人分の仕事をやっているんだからお前もやれよ」とかそういうことを他人に求めるのは間違っていると思うわけで、リンク先の記事内にある「休み休みって、ただ単にラクしたいだけだろ! 俺は将来、独立する為に今は頑張って働いてるよ。月180時間の残業だぜ。有給を全消化するヤツには仕事で絶対負けない」 こんな意見なんて、自分の価値観を他人に押しつけているだけで非常に煩わしく思うのです。





それはあなたのワークスタイルであって、それを「オレはお前らより働いているんだ」などと言うのはちょっと違うでしょう、と。まあ、いったい何人分の仕事をして(どれだけの仕事ができて)月180時間も残業しているか分かりませんけどねw











きっと、ボランティア精神とかエコロジーとか人にやさしくなりましょうとかそういうものを他人に押しつけるのと同じ感覚なのかなと思います。


# ちょっと違うかも。








例えば、野口健が「ゴミを拾わないなら登山するな」とか言ったら煩わしいでしょう。それは、そういうことに共感出来る人だけがやるべきだし、逆に言えば、そういうことに共感してもらえる人を増やすようなアクションを取るべきだと思うのです。





それか、ゴミ拾い登山ロボットを作るか。








なんにしても、自分が正しいと思うことならば、それを理解、共感してもらえるようなメッセージの発信の仕方をしないといかんよなぁということですね。








あー、これってmixiのコメント強制ってのと似ているな、と思った。
posted by tsasaki at 18:44| SEライフ

2008年04月09日

ドキドキ☆出張ライフ

最近、会社に人が増えてきて出張作業用のノートPCも開発PCとして稼動中なので、ほかの人からノートPCを借りて出張準備。





.NET Framework入れたり、パッチ当てたりして準備できるまで3時間!!





オレの性能にPCがついてこれねぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!





おかげで昨日は終電帰りですよ。








それというのも、今日から出張なのですが、朝から移動するか夕方から移動するかが当日の朝にならないと確定しないという、天気が微妙な時の小学校の遠足みたいな感じだったので朝移動でも困らないように準備していたのですが、結局、夕方からの移動になりました。





その分、今日の昼に予定されていた行程が金曜になったりして、1泊予定が2泊になったところで着替えは1泊分しか持ってきてないぞ、という罠。








予定が決まったところで新幹線の指定席取ったり、ホテル予約したりと大忙しです。








ちなみに、今日は名古屋、明日は浜松に泊まります〜。





…あれ?





この流れ、どこかで……?
posted by tsasaki at 23:57| SEライフ

2008年03月11日

グゥレイトォ!な日々

月曜日から終電帰りとは縁起がいいぜ!





今週末は納期(お客さんの機能レビュー)が2本も重なってるんだぜ!





それなのにコーディングを任せている外注さんが来ないんだぜ!





必要ならホテル泊まってもいいしタクシー使ってもいいとか煽ったからかな?w





思わず相手の会社の社長に電話しちまったぜ!





とりあえずただの遅刻で安心したぜ!





これがC++/CLIで作っているほうの話。正直ヤバイ。細かい所(どちらかと言うと操作性向上とかおまけ的な機能)はとりあえずごまかすしかない段階にきてるんだぜ。





要求仕様を満たすだけで精一杯ですわ。


つーか、要求されてもいないのに勝手に要件に盛り込んだのオレなんだけどなw





# お客さんからの要求仕様を待っていたのでは、いつまで経ってもモノができあがらない事例。








もう一つ、BCBで作っているプログラムがあるんだけど、こっちは後輩に任せっきりなんだぜ!





正直無茶振りだった。





そして案の定というかなんというか、こっちも残件があってやばい状況に来ていたので機能を一つ回収して実装。これがとにかくめんどい。





COMのイベント取得なんて(モノにもよるんだろうけど)覚えたてじゃムリっすよねーw





オレでも訳がわからんもん。





COMってただでさえ情報が少ないのに、このコンポーネントは資料がなさすぎでグーグル先生でさえ、中国語とかロシア語のサイトを差し出す始末。





しかも、BCBだから余計に情報が無いんだぜ!








で、1日中試行錯誤して、終電の10分前にようやく目的のイベントハンドラを作ることに成功しました…。





このやろう。余計なイベントがいっぱいありすぎなんだっつーの。








とりあえず、帰りはそこそこいい気分で帰ってきたのだけど、家のPCつけたら、プニルのタブが総消えになってやがんの。





何のページ開いていたか分からなくなったZE!!








最近はLunascapeの方が安定しているように思える。(重いけどね…)
posted by tsasaki at 03:05| SEライフ

2008年03月04日

C++/CLIはじめました

今月半ば納期のプロジェクトでC++/CLIで開発しているものがあるんだけど、設計がほぼ終わって(正確にはあと2本くらい仕様書書かないといけない。)いよいよコーディングに入るんだが、はじめての.NETはちょっとわけわかめw





# 今月半ば納期で、まだ設計やってる時点で終わってるとか言うな。一応、規模は2人月くらいなのよ。





コーディングはパートナーさんに先行して取りかかってもらっていたのだけど、実装からなにからみんなヘッダファイルに書いてあるので「おk、君はC++知らないのかね、プゲラッ」とか思ったら、どうやら無知だったのは自分のほうだったようです。








C++/CLIでは、「実装もヘッダファイルに記述することを推奨」しているらしい。








まいったね、こりゃ。





だれだよ、興味本位で.NET使っとく?なんて言ったの。








俺だよ!!








C++を冠する全く別の言語だったZE!!w





ネイティブC++とマネージドC++とCLIがどれも使えるとかぬかしているからカオスになってるし、Managedを飛ばしてきた自分としてはまったく訳がわからんぞ(笑)








とは言え、ネイティブコードと互換性を持っている以上、いくらヘッダに実装を書くのが推奨だとは言え、空っぽのcppファイルが出来るのももったいないと思うし、ヘッダにusing namespaceなんちゃらを書くという気持ち悪さに耐えられないため、俺はcppに実装を書くぜ!!





だれか、ヘッダに実装を書くことの優位性を(保守性と見やすさの観点“以外”から)教えてplz
posted by tsasaki at 23:22| SEライフ

2008年02月25日

停電しますた。

どうも。





春一番が吹いたと言うと、どうしても「突然の春一番〜」と空耳が聞こえてくるtsasakiです。皆様、いかがお過ごしでしょうか。





元ネタ。








マジで「RAINBOW FORCES」は神曲。でも「Love Wing」も捨てがたいよね。





ミクに歌わしたのもあったwww











それはさておき(ぇ





今日、残業してたら突然停電が発生しますた。


ひゅおーん、とか言って電源落ちやがるw





外を見たら、周辺のビルも丸ごと消え…、違う、みんな電気が消えているのでどうやら周囲一体で停電が発生した模様。





帰る頃には東電が出動していたのでどこぞの工事がやらかしたのではないかと。





幸い、自分の作業は納品手順をまとめあげているだけだったので被害は最小限に済みましたが。それでも、微妙にやる気が萎えてしまったのでさくっと書き直して終了。





ん。ファイルサーバにつながらなくなったぞw





そんなこんなで今週もハッスルウィークですよ。
posted by tsasaki at 23:00| SEライフ

2008年02月06日

盛岡出張(求人活動)

昨日、今日と地元・盛岡へ出張に行ってきました。


うちの顧問と求人活動です。





多少、雪がちらついていたものの、そんなに積もってなかったし歩きやすくて何よりでした。





母校と他の大学、専門学校を回って求人票を置いてくる。どんなシステムを作ってるのかとか聞かれても、特にこっちの分野でない学科の先生に説明するのは非常に難しいな。(うちの教授含めて。)





まあ、それは会社説明会で説明するときも一緒なんだけどね。





そこをうまく伝えられるようにしたいのですが、何年経ってもうまくいきませんね。少しでも仕事のおもしろさが伝わるような説明をしないと、学生さんだって、学生さんに紹介する教授や就職担当職員さんだって、結局うちの会社の仕事が分からないで終わってしまうことになっちゃうしね。








しかしね、「やっぱり親御さんが知らない企業は、学生に紹介してもなかなか理解が得られない」「日立とかNECとかそういう冠がついているところの方が安心される」とか言われちゃうと、まあそれはそうなんだけどねと思いつつも、それだけじゃないんだよなー、ということをなんとかして分かってもらいたい気持ちにはなります。








大事なのは、自分をその会社でどう生かすか、生かせるのか、自分がそこに入って何をしたいのかというビジョンが見えてくるかどうかだと思うんです。





僕も、1発目に受けた会社はそういうビジョンが見えないまま面接に行ってしまったので、あのまま受からなくて良かったと今でも思っています。








とにかく、学生の皆さんには失敗しないよう頑張って欲しいものです。会社選びで失敗してしまうと、それを採用した会社のほうも失敗になってしまうわけなので、フィーリングは大事だと思います。








□ ホテル東日本盛岡





今回、ホテル東日本に初めて泊まってみました。スタッフの対応は良かったけど、さすがに部屋やあちこちで年季を感じさせてくれますね。リニューアルとかしていけばいいのに。
posted by tsasaki at 23:47| SEライフ

2007年12月19日

浜松出張中

昨日は名古屋で打合せ。


今日は浜松でソフトのバージョンアップです。





電車で移動中〜。





インストールして動作確認してすぐ終わるといいなぁ…。





浜松はとても良い天気ですよ。



posted by tsasaki at 09:34| SEライフ

2007年12月18日

名古屋出張中

引っ越して早々ですが、名古屋に出張です。





某社で打ち合わせして、明日の納品のために浜松に移動するっていう行程です。





今日は久しぶりに、ホテルでゆっくり寝たい…。





# N700系に乗ってみたかったけど、時間の都合上ふつうののぞみです。



posted by tsasaki at 09:56| SEライフ

2007年12月11日

セカンドどころじゃないインパクト勃発

脳内秘書が今後のスケジュールを読み上げてくれるわけだけど、これがまたすごいんだ。





12日 1300 都内某所にて案件A打合せ


12日 1500 都内某所にて案件B打合せ





13日 1800 までに案件Cのドキュメントをフィクスし、送付


13日 1900 新宿にて会社の忘年会、のち、名古屋に移動





14日 0900 名古屋にて案件B打合せ


14日 までに案件Dの修正プログラムをフィクスし、インストールディスク作成の上、送付





15日 までに引っ越し荷造り完了





16日 0900 ガス閉栓立ち会い並びに荷物搬出開始


16日 1300 新居にてガス開栓立ち会い並びに荷物搬入


16日 1700 旧居にて管理会社立ち会い





17日 1100 までに案件Bのプレゼン資料及び見積作成


17日 1300 都内某所にて案件B打合せ





18日 1300 名古屋にて案件B打合せ





19日 浜松にて案件Dの納品(これは未定)











引っ越しやめやめ!と叫びたくなるほどの過密スケジュール。


でも、もういろんなところに手続きしてしまっているのでやめるわけにもいかないのだけど。





強いてキャンセルするとしたら、忘年会くらいですかorz








今年最大の山場!


乗り切れるのかっっっ!?
posted by tsasaki at 23:47| SEライフ

2007年11月27日

メモメモ:ankhSVN

昔からCVSでバージョン管理しているプロジェクトがあって、Subversionに移行したくて仕方ないんだけど、余裕が無いのと、開発が現在進行形で続いているのでおいそれと移行できなくてしょんぼり。





で、最近、新規のプロジェクトで本格的にバージョン管理をSubversion、BTSとしてTracを使い始めたんだけど、これがなかなか面白い。





その新規プロジェクトってのが開発ツールの指定がなかったので、ここぞとばかりにVisual Studio 2005を選定して開発していて(そしたらすぐに2008なんてでましたがw)、ankhSVNというSubversionと連係するアドオンを入れてみた。





これは便利。





それまでは、TortoiseSVNを使っていて別にこれでもいいかなとは思っていたんだけど、使ってみたら予想以上に良かったのでメモ。








JavaでEclipseならSubclipseがあるみたいだけど、Visual Studioの場合はこれで決まりかな。








# うちの会社もようやく、まともにバージョン管理をしようという流れになってきたよね。修正前のソースコードをフォルダ毎コピーして日付付けて置いておく悪習慣とは縁を切りたいものです。





# それでも後輩が、修正前のファイルをいちいち退避させているのを見た日にはなんとか言ってやりたいけど、こういうのは一回痛い目を見ないと分からないのかな?かな?





# 二人以上で同時に開発していて、「うわー、ソースが巻き戻ってるー!」とか「オレが修正したはずのコードはどこいった?」とか「(自力で)マージするときに、間違えて古いファイルもって来ちゃいました」とかw
posted by tsasaki at 23:44| SEライフ

2007年11月14日

GanttProjectのPDFエクスポートが日本語ダメダメな件

だいぶ前にスケジュール作成ツールについてのエントリを書いたんだけど、


□ スケジュール作成+進捗管理ツール


今は特に指定がなければ、この時から使い始めた「GanttProject」を使っています。





現時点で最新バージョンが2.0.5ですが、以前に比べてタスクの線引きがちゃんと土日をまたいでくれるようになったり、祝日がちゃんと国別に適用されたりして使い勝手は格段に向上していますね。(休日設定はどうやらXMLをいじってやればカスタマイズできるみたいですが)





スケジュールの周知はHTMLに吐き出して適当にWebサーバに上げておけば社内についてはOK。





ただ、これをお客さんに見せるとなると、PDF化が理想なんだけど日本語がダメダメなので結局PNGかJPEGしかないのかな、と。小さいプロジェクトならOKなんだけど、巨大なプロジェクトになるとバカみたいに1画像に入れようとするので巨大な画像ファイルができあがるわけで不便ですね。








印刷も弱く見やすいレイアウトにはならないので、印刷機能経由でPDFにすることもできないし。








で、ちょっとWebの情報を頼りに、なんとかPDFに日本語を出せないかと思って試行錯誤してみる。(そろそろ業務でjavaを使って開発をしそうなのでリハビリも兼ねて)





Javaなんて久しぶりっすよ!(仕事で使ってたのはjdk1.2とか1.3の時代で、当時はまともに使えるIDEが無かったのよね…)





どうやらapacheのFOPというものを使っているらしいのでその辺から調べていく。XSL(Excelとは関係ない。ってそれはxlsか。)とかXSL-FOとかなんだかちんぷんかんぷんッスよ!





でもなんか日本語フォントのメトリクスをxmlに吐き出して、それをfopのjarに組み込めばいいらしいとかなんとかいうことが分かったんだけど、どうにもうまくいかない。GanttProject側の問題かも。





ふむ。





とりあえずキリがないので、あとで家に環境作って調べてみることにする。





# それにしてもeclipse重たい…。





□ GanttProject
posted by tsasaki at 23:57| SEライフ

2007年11月06日

メモ:新大塚

新大塚についてのメモ。





□ 東京メトロ|電車・駅のご利用案内|新大塚駅


□ 新大塚駅 - Wikipedia





いま住んでいるところからだと、秋津→(西武池袋線)→池袋→(丸の内線)→新大塚 なのかな?





# なんか池袋PARCOから飛び降りあったみたい。よく通るところなのでgkbr((((;゚Д゚)))



posted by tsasaki at 23:03| SEライフ

2007年11月03日

飾らないハートのままでガムシャラにバカになれ

採用担当から、某採用サイトに載せたいから理系出身の社員として原稿を書いてくれと頼まれた。





書いていて、いやあんまりうちの会社をアピールするような内容じゃないし、理系とも関係ないなと気が付いたんだけど、学生さんに対してのひとつのメッセージにはなりうるなとは思っているので、ここにも載せてみる。(厳密には業務上の著作物であるので勝手に載せちゃいかんとは思うのだけど、そういう枠を飛び越えてオープンにした方が得になる人がいるかもしれないと思ってのことです。)





ここの記事あるいは、やがて掲載されるであろう某採用サイトの記事を見て「tsasakiさんの文章に感銘を受けました」という奇特な学生さんは是非ともうちの会社を受けてください。





※元の原稿より若干アレンジしてます。(ネタの引用元などw)





 たとえば「ガムシャラにバカになれ」と言われて、そんな姿勢で取り組めるものってありますか? どんなことでも満遍なくこなせるオールアラウンダーも魅力ですが、正直なところ私はそんなに器用ではないので、何か1つ(か2つか3つぐらい)のことをバカみたいに集中してやる方が好きなんです。





 私がこの業界、今の会社を選んだのもそのスタイルで出来ることが多そうだ、と思ったことが動機のひとつではあります。クリエイティヴな仕事が好きでしたし、自分が作ったモノを誰かが見て触って喜んでくれることが自分の喜びでもありましたし、言ってみれば自分であれこれ考えて作って「これどうよ?」って言って、誰かに「これいいね!萌え!」と言ってもらいたいがために仕事に対してバカになれるシステム開発という分野は魅力でした。





 思えば、小学校の卒業文集に書いた将来の夢が「ゲームのクリエイター」(厳密にはちょっと違う)でしたし、学生時代も何か大きなモノを作っていろんな人を巻き込みたくて大学祭の実行委員をしていましたので、とかく私は「モノを作って誰かに見てもらう」ことが好きなのかもしれません。ただ、それにガムシャラになりすぎて大学を出るのに5年もかかってしまったのは内緒です。(あえてセルフフォローしておきますと、他人から見れば人生のうちの1年を棒に振ったように思えるかもしれませんが、私にとっては他の何物にも代え難い貴重な1年でした。いやマジで。)





 もちろん就職するにあたって「バカになれる仕事」を選ぶ必要はないと思っています。私の場合はたまたまそういう職業を選んだだけで、結局、労働はお給料をもらうための手段だというのもまた真実です。そして、そこで得たお金を使って(いや、お金は必ずしも使わなくてもいいのですが)自分の趣味に対してバカになったりすることも当然だと思いますし、そういう理由で就職するのもありだと私は思っています。ちなみに私は10年以上ファンをやっているある人のライヴに参加しやすくなるという理由で東京の会社を志望しました。(でも小心者なので、その「本心」は面接では言っていません。) 働くようになった今では、年2回のツアーの全公演参加は欠かせません。最近はバカさ加減もヒートアップして、リリースされるCDやDVDは観賞用と神棚用で2枚ずつ買うようになりましたし、DVDも良い環境で見たいので大型液晶テレビを買ったりしました。(本当はちょっと違う。)





 このように、全てのアクションの根源にあるのは「バカになれる何か」であると私は思います。社内、社外を問わず、私がこれまでお付き合い(社交的な意味で)させていただいたことがある人でもそういう一面を持っている人は、やはり仕事も含めて人生を楽しんでいるように見えます。





 でも、実際にどんな状況でもただひたむきに物事に打ち込めるかというとそうではありません。なかなかつらく厳しく切ない現実も待っています。





 ライヴの日が納期直前でどたばたしていたり、新しいCDを買って早く帰って聴きたいんだという時に限って障害が発生して対応しなければいけなかったりして「もう辞めようかな」と挫けそうになることも多々あります。実際に仕事がどうにも片付かず、ライヴチケットがただの紙くずになってしまったこともあります。しかし、仕事の責任者は自分だし、完成を待っている人がいると考えるとそこは自分が何とかしなければと思うわけで、そうなるとスーパーサイヤ人的なパワーで仕事を収束させることが出来ます。





 幸か不幸か、私は入社1年目からたった1人でプロジェクトに当たることが多く、プロジェクトの一連の流れを1人でこなすことでスケジュール管理やお客さんと折衝したりする技術は実戦を通して自然と身についていきましたので、今となっては、ある程度自分が思った通りにスケジュールなどをコントロールすることは出来るようになり、そのおかげで最近は悲しい出来事は起こっていません。





 私は今年で入社7年目ですが、その間にいろいろなことを経験してきました。直属の先輩社員がダウンして急遽プロジェクトを任されたり、納期と不具合が重なって会社に泊まり込んだり。「他の人がやっていたらとっくに辞めてるぞ」と思うようなそんな難敵を攻略して今に至っているので、あとは安泰かと思いきや、また新しい技術だとか、今までにない規模のシステム開発の案件だとかがやってきます。まるでドラゴンボールの世界です。いままで戦っていたのがベジータだとしたら、今度戦うのはフリーザクラスです。





 頂上までたどり着いたら終わり、という業界でないことだけは確かです。頂上まで辿り着いたらその先にさらに高い山が見えるのです。私も入社してから今まで、システム開発という名の登山を続けています。もっと高い山を目指して。








---


(補足)とある採用サイトのインタビューを受けたときに、「この仕事はシステム開発という名の登山かも」なんて言ってもいないことが書かれていたりしたので、ここで使ってやりました。
posted by tsasaki at 23:53| SEライフ

2007年10月27日

台風に突っ込んできた

昨日の打合せで2本の案件が即キックオフ。


しかも、そのうち1本は来週客先納入ということで「いつやるんだYO!」な展開になってしまい、今日は台風接近にも関わらず出社してきました。





機能追加作業自体は、2日もあればできるだろうとふんでいるんだけど(見積は5人日くらいで出してますが。)、何しろ工程がタイトなのでまともに仕様書すら書けないねorz





なので、メールで何回かやり取りした内容がそのまま仕様、ということに…。





これは後でちゃんと文書化しておかないと悲惨なことになりますぞ。








んで、もう1本は1人月くらいの作業なんだけど、これも1ヶ月後が納期。とりあえずメンバ1人と50%ぐらいずつ注力すれば終わるんだけど、確実に別の案件とパラで走るからちょいと大変だね。





まずは見積とかスケジュールを作って、設計しないと先に進まないね。来週末には終わらせないと、コーディングに入れん。








そんなわけで、休日出勤して来週の作業をちょっとだけ先取り。


うーん、でも大して進まなかったような気がしないでもない。








11月は忙しいかも。
posted by tsasaki at 21:43| SEライフ