2007年10月24日

じゃあ、僕は何をしろって言うのさ。

いまうちのセクションで請けている仕事で、けっこう規模の大きなプロジェクトがあって、ゆくゆくはこっちのプロジェクトにも参加しなきゃいけないんだけど今のところ指示も情報も流れて来ないので静観している状態。





僕は僕でいろいろ案件抱えているからね。





そうなんだけど、「協力してうまくやってよ」みたいなことを上に言われたりして(´・ω・`)





確かに、いまは負荷はそんなでもないし、やれと言われればやれるだけの余力があるんだけど、状況が一切見えない状態でただ「やってよ」とか言われても困るわけで。








目の前で実務を担当している後輩がいっぱいいっぱいだってのは目に見えて分かっているし、その負荷を軽減させてあげたいのだけど現在どこを目指していて結局だれが何をやるの?ってのがさっぱり見えない状態なんで、今現在人手が足りているのかどうかも分からないし。


僕は数ヶ月くらい前からとりあえずスケジュール引きましょうよとか、仮でもいいから担当アサインしましょうよとかいっているんだけど何も決まらずとにかく目の前の作業を消化するので精一杯なわけです。





なもんで、プロジェクトに充てられた新人がいつまでたっても今後の予定が「指示待ち。ヒマです」とかになってて、あんまりよろしい状況ではないのですよ。





こんなやり方してたら、担当1人倒れたら空中分解するのは必至で、それを防ぐためにまず全体をコントロールしてくださいよ、と言っているわけで、その辺の意図を知ってか知らずか「そこをやるのが君の仕事だよ」みたいな目をされても何とも返す言葉に困るわけです。





じゃあ、そこは僕がやってもいいからとにかく情報出してよ、と言っても出てこないしorz








規模の大きいプロジェクトこそ、適切なプロジェクト運営をしていかないと会社の力にならんと思うわけですよ。


特に新人さんには、ちゃんとした仕事の進め方っていうのを見て育って欲しいのです。僕はそういうのを見させてもらった経験が無いので、余計にそう思うわけで。








とりあえず、ざっくりした工程表と担当割り当て作っから、オラに情報を分けてくれ!!
posted by tsasaki at 22:17| SEライフ

2007年10月23日

NW自己採点結果

日曜に受けた試験の午前の部を自己採点してみた。





正答率でぎりぎり7割w


もっと行くかと思っていたのだけど、思っていた以上にネットワーク部分の出来が悪かったゾorz





冷静になって消去法で考えれば分かったプロトコルの名前2つ間違ったのは痛すぎ。








うん。微妙。



posted by tsasaki at 23:52| SEライフ

2007年10月08日

とりあえず出社

状況に動きがあったようなので会社に行ってきます。





雨だから出るのが億劫になってたんだけど、そういうことなら仕方あるまい。





データが届いているようなので、それを解析すれば何かしらの結果が出ると思う。








早く帰ってきてマグマグしたいです(何



posted by tsasaki at 14:13| SEライフ

2007年10月05日

人生そうそう甘いもんじゃないってこった

三連休直前に不具合報告キターッ!!





ここんとこずっと穏やかだったのに、なにこの神展開!





でも調べたところ、どうも悪いのは他社のサーバ側アプリケーションとデータ収集のハードっぽいよね。





相変わらず、うちとしては“仕様”なんですが。





でも、データが上がってこないのはうちのソフトなわけだから、とりあえず暫定復旧くらいはしなさいよってことで、仮復旧できるよう対策をお願いする。





んー、明日は出社しないとだめっぽいかなー。どのみち、表社会(え?)には出るつもりだったし。








具体的には言えないけど、複数の設備の接続を受けているサーバが、そのうち一つが落ちると極端にパフォーマンス落ちるなんてどういう設計してんだYO!!





別のモジュールとか別のハードとかの、うにゃうにゃな作りをソフトでカバーするのは限界がありますぞ。だからイレギュラーな処理ばっかり増えて、「なんでこんなけったいな仕様なの?」とか突っ込まれちゃうんじゃないか。








なんかもうくだらない不具合で休みつぶしたくないよ、ママン。


「あー、こういうことしちゃいけなかったんだね」とか「こいつはこういうケースでこんなことが起こるんだね」とか、もっと、自分の経験になるような不具合ならいいんですが、身だけ削って経験値ゼロに等しいってのはねぇ…。








こういういろんな会社(部隊)の利害関係が入り交じっているプロジェクトは、関係者をいかにコントロールできるかが大事だと思う今日この頃。





いいように使われてばかりじゃいかん、のです。





たぶん。
posted by tsasaki at 21:32| SEライフ

2007年10月04日

びつくりしたこと。

いつものように、会社のフロア入り口の扉をノブを回して開けようと思ったら、ノブがはずれました。





そりゃもう、すこーんと。





思わずノブ持ったまま右往左往してしまいました。





何このドリフ展開。





手抜き工事かよ。





今日は勉強会に参加して帰ります。



posted by tsasaki at 18:29| SEライフ

2007年09月28日

なんかもうやってられん

月末だし、金曜だし、仕事も順調だからとっとと帰ろうかと思った矢先、上司がやるはずだった仕事が回ってきて帰れNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!!!!





そんなわけでせこせこと見積書作りです。





うちの会社は違うけど、世の中のたいていの会社は今日が上期の締めなわけで、費用関係の処理が動くことは分かっているはずなのにせめていつでも連絡が取れるような状態にはなってて欲しいと思う今日この頃。








部下ならまだしも上に足を引っ張られるのだけは勘弁してほしいです。








まあ、そんなことはおいといて。





□ ITプロに贈る“今日の一言”(馬場史郎氏/日経BP ITPro)





なるほど。ちょっと興味深い内容なので後で読んでみようと思います。





「SEマネジャは部下に仕事を任せリスクをとれ」にもこんなことが。





なおSEマネジャの中には,「マネジャとは名ばかりで部下を放ったらかし」の3番目のタイプの人がいるかもしれないが,そんな人はここでは論外としたい。部下に任せる任せない以前の問題である。





ですよねぇーw


どっちかっていうと、今の会社ではこの3番目のタイプの人が上司(先輩SE)になることが多かったので、自分でもよく生き残ったと思うのだけど、でもなかなか「仕事を任せる」のと「ほったらかす」のって紙一重なんですよね。ここは今自分もやってる内容で、ちょっと間違うと後者になってしまいそうで怖いところです。





うちの会社って、こういうマネジメントが出来る人間が少ないので、ちょっと自分でも勉強せんといかんなぁ、と最近思っているところです。
posted by tsasaki at 20:33| SEライフ

2007年09月20日

浜松出張ドキュメント

今日は仕事で浜松へ出張。


集合時間が微妙で、直前の新幹線だと4分前に到着とか。





あまりにも微妙だったので張り切って1本前のひかりに乗っていったら1時間前に着いてしまいました。





ちなみに今日の出張の目的は、納めたシステムについてのオペレータ教育。





しかも教育担当は別の方なので、僕は実質同行するだけ。それでもいろいろ質問されたりしたのでヒマーというわけでは無かったのですが。








でも、お土産をもらってきてしまいました。あうあ。











帰りの山手線が北クラッシュ……、ちがう! 帰宅ラッシュと重なってしまい、出張の荷物持ちにはつらい混雑ぶりに。





しかも、某駅での乗降のときに、僕よりドア前に居た人に「降りる人がいるんだから一旦降りなさいよ」とか言われた。





工エエェェ(´д`)ェェエエ工





僕が降りるためには、まずあなたにどいて欲しいんですけどっ!!





結局その人は降りもせず、大量に人が降りて空いた席に我先にと向かっていきました。なにこの理不尽さ加減。





東京の人は、人間として部品が欠落している人が多いとです。








通勤電車はもう座席廃止でいいよ。女性専用車両みたいに、優先車両を1両か2両つけて、そこにだけ優先席オンリーの座席を設ければいい。マジで。





なんかね、人のことを押しのけてまで空いている座席に我先に座ろうと思うその気持ちが僕には分かりません。
posted by tsasaki at 23:19| SEライフ

2007年09月07日

豊橋方面出張ドキュメント

何か、ソフトのバージョンアップ版をインストールしたら起動しなくなったんだけど、という現象の調査のため現地へ出張することになりましたとさ。





そんなことあるわけないと思いながらも、自信を持って「ありえねー」と言うこともできず、直接見た方が早いだろ、ということで。





台風が心配だったので、集合時間の1時間前につくような新幹線の指定席を取っていたのだけど、朝、えきねっとで発券受けようとしたら、これが運休になってしまい発券してもらえず。





とにかく、東海道新幹線は熱海あたりが鬼門。





みどりの窓口にならぶと、前に並んでいたお嬢さん(みの的な意味で。)3名がやたらとやかましい。「熱海まで急いでるんだけど!!」とか言ってますよ。





熱海まで急がなければいけない理由が知りたい。








時間はまだ余裕があるものの、さすがにいつ運転再開するかと思うと焦ってくるもので、窓口で「とりあえずいちばん早く出る新幹線の指定席ください」なんて言ったら「どういう順番で運転再開するか分からないから東京駅に停まっている発車待ちの新幹線に乗った方がいいかもしれないですよ」と言われて、ああなるほどその通りだねと思って自由席の発券受けて東京駅へ。





台風9号の影響で多摩川が増水してしまったために京浜東北線が停まっていて、田端あたりから山手線外回りは大騒ぎです。上野駅からさらにヒートアップ!すし詰めどころの騒ぎではないです。子供を連れたおばちゃんが「だいじょうぶ?だいじょうぶ?もう少し我慢しようね?」と騒ぎ立てるが子供はいたって冷静にしていたのでまずあんたがオチツケとw





こういう状況下で「本当にこの電車に乗らないといけないんだ」って人ってどれくらいいるんでしょ。台風なんだからみんな仕事休めよw 大学とかも気を利かせて全学休講にしろと(ぇ








そんなわけで東京駅に着いて、発車待ちになっていたこだまの自由席に座ると間もなくして運転再開。ほとんど待たずに発車となったので一安心。みどりの窓口の駅員さんの言ったことズバリだったな。どんな業種でも、こういうイレギュラーな事態が起きている時に的確な(ベストじゃなくても、ベターな)対応できる人ってすごいと思う。








途中、熱海駅で乗り込んできた親子(赤ん坊)連れが前の席に座り、赤ん坊を抱きかかえて座るもんだから、後ろ向きになった赤ん坊がずっとオレの方を見つめるわけ。





もうね、子供にまじまじと見つめられるとなんか自分が生きていちゃいけない存在みたいに思えてきて、思わずごめんなさいと言いたくなるね。なので寝る。





名鉄 本宿駅





今回の出張先の最寄り駅はこちら。


名鉄の本宿ってところ。








で、ユーザさんのところで不具合調査開始。


いろいろ調べてみたけど、どうやらWindows XPさんの「データ実行防止(DEP)」の機能が働いてオレの作ったアプリが実行禁止になっていたっぽい。なんで…orz





まあ、確かにあの某ランタイムエンジン使うとあやしいんだよね。ユーザフォーラムでも事例出てたし。





で、しかも別に旧バージョンからアップデートしたわけじゃなくて余ってたPCに新規にインストールしたとのこと。これで特にバージョンアップ版が問題じゃないってことが分かったので、DEPの設定だけちょして帰ってくる。





いやはや。





とりあえずはアプリの不具合ではなさそう(実際には何か潜んでいるかもしれないけど)なので万事解決とする。





実質1時間ちょっとで帰途につきました。











豊橋名産・ちくわを買って帰ります。
posted by tsasaki at 23:28| SEライフ

2007年08月10日

情報処理試験(2007秋)申し込み

10月の情報処理試験の申し込みを忘れていたので、申し込んでおいた。お盆休みが終われば、試験までもうあと2ヶ月!?





早いもんです。





結局、春のセキュリティ(テクニカルエンジニアの方ね)は、撃沈してしまいましたので、秋はネットワークに挑戦することになりますYO





2年連続2度目の挑戦です。





前回はほとんど勉強できなくて午前がぼろぼろだったので、今回はなんとかしたいところです。正直、午前さえクリアできれば…ってところがあるので、ひたすら午前対策をやらないといけないようです。
posted by tsasaki at 23:51| SEライフ

2007年08月03日

「初版」と変換したかったのに「初犯」になった時の心境

あと、初犯の都合により〜〜、とか。





昨日は客先に打合せに行っていたのだけど、別のお客さんから「明日、打合せできませんか」とメールが入っていて、午後からしぶしぶ出かけることに。





一応、新しい案件の絡みでの打合せなんだけど、ついでに不具合が起きてる別件の調査もやっていく。





なんせ、もうお客さんのところでしか現象が再現しないのでいつかは来なきゃいけなかったもんで、これ幸いと。








お客さんのところでも、現象が出る場合と出ない場合があるってんでいろいろ調べてはみたんだけど、調べていくうちにどうやら違うのは扱っているデータの文字列ぐらいしか違わないので、その文字列を使っている処理を徹底的に調べ直していくと、COMのインターフェースが要求している型と渡している型が厳密に合っていないところが…。





これか!!





と思って手を入れたら、なんということでしょう。


1ヶ月間も悩まされてきた不具合が、全くでなくなったのです。





すばらしいよ、匠の技!








やっぱり共有メモリとか全然関係ないじゃんかw








COMなんで、問題のところは VARIANT とか BSTR とか。





これで少しは肩の荷が下りた気がします。


ぃゃっほぅ。
posted by tsasaki at 23:19| SEライフ

2007年08月02日

お代払って品物忘れて店を出る

1ヶ月以上悩んでいた不具合が、どっかのパッケージの奥深くで使っているらしいDLLが存在しないために起こっていたのだということが判明し、激しく_| ̄|○な今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。





共有メモリだとかなんだとか、そんなの全くカンケーねぇじゃんw





つーか、ちゃんと上位側までexception上げて欲しいんだけど。





そして、なんでWin2Kで動いてXPで動かないのよ。


むしろ、なんで2Kで動いてんの?w





この問題が解決したことで見えた別の問題もクリアし、これで、お客さんの環境でもすんなり動くといいなぁと思ってプログラム送ってみたんだけど、やっぱり動かないって。





うはwwwwwwおkwwwwwww








もう少しがんばってみます。
posted by tsasaki at 12:56| SEライフ

2007年07月19日

うなぎパイVSOP

わはー。(挨拶)





日帰りで浜松に出張に行ってきました。


ちょうど新幹線乗るために品川に移動する時間帯が朝の通勤ラッシュ時間帯だったため、もう品川到着時点で憔悴しきっていました。


もう二度とこの時間の山手線には乗らない。





特に大きな問題もなく、無事現地調整が終了。


これが終わればひとつ仕事が区切りが付くので少しは楽になるのかな、と思いきや、新規案件の見積を月曜の午前中までに出せというメールが飛んできて、これってつまり実質明日までにやんないといけないってことよね、と思いつつ、なんだかんだでやっぱり土曜日は出勤になりそうです。





だって、明日は出張の報告などなど。部会などなど。仔牛はどなどな。





今回は帰りの新幹線の時間が駅についてすぐだったのでうなぎパイは買えませんでした。
posted by tsasaki at 23:13| SEライフ

2007年06月17日

右から来たものは…

お願いだから、仕事上では、右から来たものを左に受け流すのだけはやめてください。切実に。





でも、要領よくやっていくためには、多少そういったテクニックも必要になってくるわけで、その辺のさじ加減は難しいところです。



posted by tsasaki at 17:39| SEライフ

2007年06月14日

浜松出張オンライン

出張で浜松に行ってきました。





思いのほか早めに帰れて良かったけど、さすがに4:30起床はつれぇw


おかげで行き帰りの新幹線は爆睡でした。


今度は来月上旬にも行かなきゃいけないみたいですよっと。








今月はまた課題がいっぱいな予感。いよかん。ポンカン。
posted by tsasaki at 17:07| SEライフ

2007年04月15日

情報処理技術者試験@大東文化大学

半期に一度の恒例イベント、情報処理技術者試験を受けに大東文化大学まで行ってきました。(最寄り駅:都営三田線西台駅)





今回は情報セキュリティを受験。セキュアドを受けていた(受からなかったけど)のである程度下地はあったとは言え、準備不足は否めず。





午前、午後Iともに微妙な出来。午後IIだけは妙に出来た気がするのでここまで行ければいいんだけど。午後IIは問題さえちゃんと読めればほんと大したことないねぇ。





しかし、昨日ニコニコ動画で聞いた「おっくせんまん」の曲が、一問ごとに頭の中に蘇ってきて、なかなか大変でしたよwww


いろいろご愛敬
posted by tsasaki at 15:52| SEライフ

2006年03月28日

マジで立ち直れない_| ̄|○

おっす。今、会社。


仕事ちゅー。





21:20…開発環境が不正終了で落ちる。





しばらく保存した記憶が無い。


もう顔面蒼白。


今日までの仕事なのに…。





確認したらお昼過ぎくらいまでロールバック。





もうだめぽ。


立ち直れない…_| ̄|○





だから、セーブはこまめにとあれほど(ry



posted by tsasaki at 21:32| SEライフ

2005年12月28日

「ソフトウェア開発技術者試験」に合格したらしい

家に帰ったら、情報処理技術者試験センターからなにやら郵便が届いているではないか。


もしや…と思って開封すると、10月に受けた「ソフトウェア開発技術者試験」の合格証が!





…マジスカ!?





というのも、実は午前の試験(多肢選択式)を自己採点したところ6割ちょっと程度で正直合格ラインに乗っているとは思えなかったのよね。


この試験って、午前がだめだと(確か)午後の試験は採点すらしてもらえないのでその時点で午後の分は自己採点をやらずに来春また受けようと思っていたわけなんだけど。





午後の試験も配点がでかい問題を半分くらい残してしまったり、なんかもう「いま一歩」感が強かったので本当に諦めていたんだけど、それがまさか合格とは…。採点ミスじゃないよねw





ただ、午前の試験はIRT(項目応答理論:簡単に言うと、問題同士が関連している場合は、AができないとBはできないはず、といったように解答の関連性も考慮した配点のこと。選択問題における「あてずっぽう合格」を防ぐ。←間違ってたらツッコミよろしくw)なので、それでうまいこと行ったのかなとか、午後も埋められる部分は完璧にやったつもりだったのでそこがことごとく当たってたのかな、とか、まあ、試験勉強時間が無いなりにも要点絞って勉強した(ほんとにしたのか?)結果じゃないかと思いますよ。





オレすげぇー。





それと、実は東大が会場だったんだけど、もしかして東大パワーで変な力がかかったのかも(笑) ちゃんと赤門もくぐってきたし。


いまなら東大も受かりそうな気がする(マテ)





この試験、4年目だったんだけどいつも試験近くに仕事が忙しくなってろくな勉強も出来なかったし、うち1回は仕事で客先に行くことになって受けられなかったし、なんか大変だったなー。





一応、会社から奨励金が出るみたいなのでそれで少しは報われるかな、と思ったり思わなかったり。





さて、次は何を受けようか。
posted by tsasaki at 23:39| SEライフ

2005年12月21日

「悪魔に心を売っても納期を守る! 裏技」とは

「@IT自分戦略研究所」より


□ 悪魔に心を売っても納期を守る! 裏技術





けっこう本人を特定しやすい状況下でこのblogを書いていたりするので、あんまり具体的に書くと問題になりそうだけど、正直、「あるあるw」と思うのもちらほら。





納期ってのは気がつくと1週間後とかに迫っていたりするので、なんとかして納期を守るための何かを誰しもやっているんじゃないかと思うんだけど。





さすがに「試験結果をでっち上げ」とか「過去の資料をそのままコピペ」とかは、今話題のアネハイズムで危険だったりするわけで、そこまでやった日にはいざ問題が起こってしまうと大変なことになってしまうのは最近のニュースをしっかり見ている御仁であればおわかりいただけるのではなかろうか。





はっきり書いてしまうとごにょごにょ…になってしまうので、「その気持ち分かる」ってのだけピックアップ。





> 取りあえず正常系の動作確認だけ済ませた状態でリリース。


> 異常系の評価でエラーリポートがくるのは分かっているので、それまでに異常系の作り込みを終えておく。





> テストやチェック工程はおざなりに実施して次工程へ進み、バグが出るたびに対応。





だからバグが多いって言われるんだよorz


しかも、あんまりやりすぎると、客を使ってバグ取りしているのか、と言われるよ。





> 納品のときに出来上がっていない機能を、「メディアに入れ忘れました」といって社に戻った。納期を1日延ばすことができた。





近しいことはなんか経験があったりなかったり。





> 正常系はある意味できて当然なので、異常系のみのテストを行う。





他の人に作らせた部分をテストするときは、たいてい異常系からやるんだよね、僕は。異常系でぼろが出てくるようだと、たいてい正常系もどこかおかしいという経験則。





> 開発中に簡単なテストで稼働確認を行い、正式なテストでは手を抜く。





で、全体で結合するとなんかおかしいぞ、という話になる。








でもまあ、たいていは後の工程で異常が見つかると、すぐ直せって話になってそのときは別の仕事を抱えていたりして、結局泥沼デスマーチになること請け合いなので、「納期はなんとか融通してもらう」ってのがベストなのかも。





あと、本気で病気になってみるとか(怖)








えーと。建築業界だけじゃなくても、きっとアネハイズムはどこにでも転がっているはずで、たぶんニュース見てヤヴェーなんて思っている人はきっとごろごろいるんじゃないかと思う今日この頃。
posted by tsasaki at 22:40| SEライフ

2005年10月26日

忘れた頃に爆発したバグという名の不発弾

お客様から不具合報告を頂いた。


で、残業して調査。


というか、残業中に不具合報告が来たので残業延長。





数値の特性上「負の値」が表示されるはずのない項目(回数とかだね)に「-1」が表示されているらしい。


あるDBのテーブルから値を引っ張って来ているんだけど、設計(僕です)がへっぽこでunsignedじゃないんだよね。フィールドのデータ型が。


で、入れようと思えば負の値だって入っちゃうんだけど、そのテーブルに入れる値を算出している処理を追っていっても負の値にはなりっこないんですよ、これが。





で、SQL文につっこむ前の値をデバッガで追ってもちゃんと正の整数が入っているわけ。





それなのに、テーブルに登録される値が「-1」(ちなみに、Accessです)








もうね、それを見つけた時は目を疑ったね。





犯人はこいつ。





UPDATE table1


SET field1 = x AND field2 = y


WHERE key1 = .......





分かっていただけただろうか。


ええ。field1には0か-1しか入らないのはおろか、field2の値が更新されねぇだろって、ちゃんとテストしたのかこれ(笑) …って、笑い事ではない。





Cでプログラム書いている時でもたまに





if(x = 1)





なんていう条件文を書いてしまってドツボにはまることがあるのだけど、これ系の「コーディングミス」ってなまじコンパイルが通ったり実行時エラーが起こらなかったりで見つけ出すのに苦労することが多いんだよね。





しかし、ちょっとの注意とテスト結果を判断する力があれば見つけられるバグなので結局見つけられずにリリースしてしまっているということは、うちのチームのテスト能力が疑われqあwせdrftgyふじこlp;@:








ちなみに、さっきの if(x=1) というミス(正しくは if(x == 1))を防ぐには





if(1 == x)





という書き方にしていればいいらしい。


間違えて





if(1 = x)





になってもコンパイルエラーになるので…。


でもこの書き方は馴染みがないので、馴れるまで違和感ありまくり…。
posted by tsasaki at 22:08| SEライフ

2005年09月07日

コミュニケーションのコツ

日経bp special - “高付加価値経営"を生み出すITマネジメント内のコラムより。


□ 利益を生み出す人の心のマネジメント手法と営業心理学 第9回:コミュニケーションのコツ





営業向けのコラムかと思いきや、なかなか普通のSE(SEじゃなくても)にも勉強になる内容なんじゃないかなと思う。





コラムの主題に合わせて、上司(管理職)における部下の話の聞き方を中心に話が展開していくんだけど、この内容って一般のコミュニケーションにも言えることなんじゃないかな。





読んでみるとね、なるほどなと思うことが多いんだよね。





うちの会社では新人教育の中に、あるテーマに沿ってまとめたレポートをプレゼンして、そこで聞いた結果をここは良かったとかここはこうした方がいいとか新人に意見するってのがあるんだけど、僕は「最初にここは良かったんだけど、と前置きした上で悪かった部分をずらずら挙げる」タイプで、他の人が「ここは悪かったけど、この部分は良かったね」なんて話し方をするのを見て、ああ、最初に悪いところを出し切ってから最後にカバーした方が聞いている方としては素直に聞けるのかもしれないなーと思ってたんだよね。


でもこのコラムを読むと、あながち僕のやり方でも間違っていないっぽい。





最初にいい点を出すことで、自分のことが一部なりとも認められそこで自分のベースっていうものが確立されるのかなー。で、その後に悪いことを言われようが底辺が出来上がっているのでその上での話として聞ける。なるほど、理屈としても感覚としてもこれは分かるかもしれない。





最初っから否定して最後に持ち上げると、はいプラマイゼロですよって言われているようにも取れて、結局どこが良くて何が悪かったのかってのが見えにくくなる気もする。





話の順番っていうのも大切なんだなー。








最近、一緒に仕事をしているメンバに対して「これは仕様書にちゃんと書いてありますよね」とか「それは前にも言いましたよね(何度も言ってますよね)」とか、何でこんなことも出来ないの的なニュアンスで物言いをすることもあって、自分でもかなりきついことを言ってるなーという自覚はあるんだけど(それでも上司に言わせればまだまだきつく言っているうちに入らないんだそうだ)、どうしたら自分にとっても相手にとってもプラスになるのか、その辺をもう少しよく考えておかないといつまで経っても同じことの繰り返しになりそうな気がするなぁ。





やっぱコミュニケーションの取り方って大切だ。(しかも奥が深い)
posted by tsasaki at 23:59| SEライフ